[雑記]雪道の歩き方

天気予報によると今日の昼過ぎから夜にかけて
関東圏で雪が降るみたいですね。

2014年も同じ時期に記録的な大雪が
降っていたことを記憶しています。
2014年大雪(※ 日本気象協会より引用)

去年もそうでしたが、関東圏(主に都心)で雪が降ると
電車などの交通網が混乱するので今日は
早めに帰宅するのがよさそうです。

さて、北海道に住んでいたころはニュースに
なることもないので気にしてなかったのですが
関東では雪が降った日の夜又は翌日になると
「雪道で転んで怪我」というニュースを見かけます。

雪道、慣れていないと歩くの大変ですからね。

ということで、本題。
北海道に20年以上住んでいた経験より
雪道の歩き方のコツを書いてみようかと思います。

雪道を歩くコツ

その1:雪が降った日はむやみに外出しない
 歩き方と関係ないですが、雪道に慣れていなければ
 むやみに外に出歩かない。
 当たり前のことですが、外にでなければ
 怪我はしないですからね。

その2:歩幅をできる限り小さくする
 雪の上は滑るもの。
 そのため、いかに バランス を保つかが重要になります。
 通常よりも歩幅を小さくすることにより、体全体が動くのを
 最小限にできるため、よりバランスを保つことが
 できるようになります。

その3:地面に接する面積を大きくする
 雪道に接する面積が小さくなれば当然、滑りやすくなります。
 普段歩くように かかと からいくのではなく
 足の裏全体を地面に接するように歩くことが大切です。
 少々、かっこ悪い歩き方にはなりますが、より安定して
 歩くことができるようになります。

その4:走らない
 雪道で走ると、確実に滑りやすくなります。
 走ることにより、歩幅は大きくなりますし体が
 安定しなくなり、転びやすくなってしまいます。

 どうしても走らなければならない場合は
 「その2」「その3」をふまえて、小走り程度に
 走ればいいと思います。

その5:雪や氷のないところを歩く
 雪や氷のないところを歩けば、当たり前ですが
 滑ることはないため、転ぶことはなくなります。
 ただし、これには注意点があります。

 それは、寒い日の夜間は雪がないようにみえるところでも
 道が凍っている(ブラックアイスバーン)場合があるため
 気をつけなければなりません。

まとめ

 雪道を歩くときは
  ・小さな歩幅で
  ・足の裏を地面全体につけるように
  ・走らずにゆっくり歩く

 ペンギンのような歩き方、「ペンギン歩き」をすることが大切


 これから積もるであろう雪に備えて
 なにかしらの参考になればと思います。

 ※ 個人的な考えも入っていますが、上記のほかに
   「こういうことをうやっている」などありましたら
   こっそり教えて頂けたらうれしいです。

【雑記】2015年、最初のご挨拶

ご挨拶

2015年、最初の更新ということで、まずはご挨拶。

2014年、本ブログを読んで頂き、ありがとうございました。
2015年も、よろしくお願い致します。

2014年から2015年へ

2014年から2015年はフリーランスに転向し
3年目の年となりました。時の流れは早いものです。

2014年、変わらずゆるく走っていこうと
思っていながらも気づいたらいろいろと
忙しい1年となっておりました。
ありがたいことです。

仕事では1年越しのプロジェクト2つのサービスインを
無事に迎えることができ、健康・体調面では2013年には
GWに忙しさ(ストレス?)からか帯状疱疹を発症したり
しましたが、今年は大きな怪我や病気もなく健康で
いることができました。

2015年は

2015年は「維」と「挑」をテーマとし現状維持を
しつつ少しだけ、今と違ったことにチャレンジを
していく年になればいいなぁと年明け2週間にして
思います。

仕事に関してはもちろんですが、今年はそれに加え
ここ数年でまた太り始めてきたので、無理のない
「ダイエット」で以前の体重まで戻せたらと思ってます。

今年も、ゆるくいろいろな内容でブログを
更新していきますので、よろしくお願い致します。

2015年1月20日

[雑記]NIPPON ITチャリティ駅伝に参加しました

11月16日(日)に「NIPPON IT チャリティ駅伝」に有志で参加しました。
http://www.nit-run.com/index.html

今回の開催は第5回目となります。
このITチャリティ駅伝の趣旨は

活力に溢れ、元気がある業界であるIT業界。
その反面で、うつ病や引きこもりなどといった
「社会的に立場の弱い未就労者」を生み出しており
うつ病の増加は「IT業界から始まった」とも言われているそうです。
この大会はそういった未就労者を社会復帰させることを
目的として企画されたものになります。
なお、この大会の参加費や利益は「うつ病」「ひきこもり」の
方々の就労支援をしているNPO団体FDAに寄付されます。

以下リンクより引用。一部編集
http://www.nit-run.com/about.html

この大会への参加は今回で3回目。
2011年、2012年、そして今回。

毎年個人的に思っているのは

怪我なく、楽しく走る」ということ。

定期的に大会などに出たり、毎日走っている方にも
参加していただいておりますが、そうでない方もいるわけです。

駅伝なのでチーム戦というのはもちろんあるのですが
記録を目指して、無理して走って怪我をされたりしては
誘った側としては申し訳ない気持ちになってしまいます。

なので、記録は2の次で、怪我なく楽しく走る。
チャリティなので参加することに意義があると思っています。

今年は1チーム(3km × 5人)で参加しました。

実際走ってみての感想は・・・
私以外のみなさん、お早いというのと、3Kmといえど
日ごろから走っていないときついということ。

2011年、2012年の時は週に2回~3回程度
3~4Kmを走っていたりしていたのですが

今年は
 ・仕事が忙しくなったかり言い訳1)
 ・膝の調子がよくなかったり(言い訳2)
と、めっきり走る量が減ってしまっていました。

そんな状態だったので、当然なのですが
最初はそこそこのペースで走っていたのですが
2Kmを超えたくらいから明らかにばててしまい
ペースダウンしてしまいました。。。

3Km完走はしたものの、いろいろと考えさせらてしまいまいた。

来年はもう少しまともに走れるようになろうと思ってます。
※さすがに3Kmでばててしまうのはいかがなものかと・・・・


というわけで、下が今回参加したときの完走証。

ITチャリティ駅伝完走証

私は最終ランナーとして走りました。
私はチーム内で最年少・・・お恥ずかしい記録です。

まぁ、記録はともあれ、今年も誰も怪我することなく
終われたので、一安心でした。


ちなみに、今年は大会実行委員長のチャックさん(チャック体操ももちろんありました^^)は
もちろんですが、そのほかに前回、前々回に引き続いて元西武ライオンズのピッチャー
石毛さん、それから元Whiteberryのボーカルの前田由紀さん、東ちづるさんが来ていました。
(東ちづるさんはチャリティとしてお店を出されていました)

走る以外にもいろいろと楽しいイベントが盛り沢山で楽しかったです。

最後に、選手として応援として参加され皆様お疲れ様でした。
また来年(?)も参加できたらと思います。